So-net無料ブログ作成
-| 2017年05月 |2017年06月 ブログトップ

RAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U [GSX-R600]

GSX-R600にRAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U を取り付けました。
数年前に乗っていたバイクにナビを取り付けるために、ラムマウントを使用したことがあり、その時のパーツがどこかに残っているはず? なのと、比較的価格が安いのが選択理由です。
ただ、まだ〇〇を取り付ける等の目的はありません。とりあえずベースを取り付けておけば、思い立った時に直ぐに使用出来るからです。
今回も最安値と思われるAmazonで購入です。
ramステー1.jpg
届いた物をみるとプロト取扱いのラムマウントの様ですね。

さぁ作業開始です。
先ずは、ゴムで出来た円錐形の棒の様な物を袋からとりだして、
ramステー2.jpg

こんな風にステムホールにギュッと差し込みます。
ramステー4.jpg
これ以上もう入らないという所まで差し込んで、ボールペン等でクルッと一周なぞって印をつけます。
ramステー5.jpg
画像ではボールペンの跡が見えづらいですが、肉眼では黒ボールペンの跡でもハッキリ見て取れます。
その印を目印に切断し、そこから1インチしたの所も切断して、三分割にします。
ramステー9.jpg
使用するのは真ん中のゴム棒です。(この時点で両側の物はゴミと化します。)
この真ん中のゴムを切り出す時の注意点としては、余裕をみて少し長めに切断したい気持ちは分かりますが、後に使用するボルトの長さが足りなくなるので、少し短めに切断しても全く問題ありません。

数年前にもRAMマウントを購入した事があるので、私は驚きもしませんでしたが、
サインハウス等のマウントシステムと比較すると製品の質感はかなり落ちます。


価格的にも倍ほど違いますから仕様がないと割り切れるかどうかですね。
ramステー6.jpg
丸いボールの下側(矢印の所)をご覧下さい。 塗装し忘れなのか、はじめからこういう仕様なのか・・・?
ちょっとみすぼらしい感じですよね。
ramステー7.jpg
手元にあったタッチアップ塗料でヌリヌリしてあげました。
ramステー8.jpg
塗料が乾くのを待って、説明書に従って下の写真の様に組み付けます。
ramステー10.jpg

この状態でステムホールに挿入しボルトを締め込んで行きます。
ramステー11.jpg
ボルトが空回りしている感がありますが、懲りずにボルトを回して回してしていると徐々に締まっていきます。
ボルトが締まることによって、ステム内に挿入したゴムの棒が膨張して抜けなくなるという構造ですね。
ramステー12.jpg
以上で取り付け完了です。
さて何を取り付けるかな・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォークステムベース(RAM-B-342U) RAM MOUNTS(ラムマウント)
価格:1806円(税込、送料別) (2017/5/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準アーム(RAM-B-201U) RAM MOUNTS(ラムマウント)
価格:1539円(税込、送料別) (2017/5/29時点)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

GSX-R600(L6) ヘルメットホルダー [GSX-R600]

GSX-R600にヘルメットホルダーを取り付けました。

GSX-R600のヘルメットホルダーというと、リアシートを外しシート裏側にヘルメットの顎紐の金具を引っかけて、シートを元に戻すというタイプなのですが、私のアライヘルメットでは長さが足りないのか、取り付け方が悪いのか? 引っかける事は出来てもシートをロック出来ません・・・[ふらふら]
なので出先では、
201705008.jpg
こんな風に[グッド(上向き矢印)]バックミラーに引っかけるか、長時間車体から離れる時は、ヘルメットを手にさげて歩くか・・・。
邪魔なんですよね~。
で、社外製のヘルメットホルダーを検索するも、GSX-R600(L6)対応を謳っているものはありません。
しか~し、GSX-R1000用ですがAmazonのカスタマーレビューに取り付け出来ましたとの書き込みが・・・

キジマ(Kijima) ヘルメットロック GSX-R1000(K9-L1) ブラック 303-1526

キジマ(Kijima) ヘルメットロック GSX-R1000(K9-L1) ブラック 303-1526

  • 出版社/メーカー: キジマ(Kijima)
  • メディア: Automotive

このタイプのヘルメットホルダーです。これなら近所のパーツショップで売っているのを見たことあります。
でもAmazonで買う方が1,000円ほど安いですし、注文した時間にも因りますが、翌日には届きますし・・・。
201705005hellock.jpg
で、私はAmazonで注文しちゃいました。
自分で取り付ける自信がない方や取り付けが面倒な方は、パーツショップで購入して、取り付けてもらえれば良いかと思います。

何処にもGSX-R600(L6)対応とは書いてありませんが、ちゃんと取り付け出来ました。
車体左側のタンデムステップステーを外して、ステーと車体の間に挟み込む様に取り付ければOKです。
201705006.jpg
ステーを留めているボルトには緩み止めが塗ってあるので、かなり固いですがヘックスソケットとラチェットレンチがあれば、なんとか緩める事が出来ると思います。
ボルトさえ取り外せれば、あとは説明書通りに取り付けるだけです。
201705007.jpg
完成の図
これでツーリングに出掛け易くなりました。[ぴかぴか(新しい)]




GSX-R600(L6)バッテリーへのアクセス方法(フロントシートの外し方) [GSX-R600]

まず始めにバッテリーへのアクセス方法を確認します。
わたくし寒い冬の間は、冬眠する生き物なので、よくバッテリー上がりをおこします。
(その対策として、冬場はバッテリー端子を外しておきます。)
その為にも、暖かい気候の内にバッテリーの位置を確認しておく必要があります。
また別にもうひとつ理由がありまして、左側タンデムステップステーを外そうとしたのですが、ボルトが非常に固く回るには回るのですが、なんか空回りしてるような感覚があり、もしや内側にナットがあるのか? って思いまして、念のため内側を確認したいと…、シートさえ外せればステーの内側も確認できるからです。

GSX-R600取扱説明書にシートの外し方の記載があります、
タンク左右のサイドカバー前方の引っかかりは簡単にズラすことができるのですが、チャックの方は簡単に取れる感じはありません。サイドカバーがポッキリ折れてしまいそうな気がして、引っ張る勇気がありません。
ネットで検索してもサイドカバーを取り外した後の画像はあるのですが、何処にチャックがあって、こうやって外しましたという説明を見つける事が出来ません[がく~(落胆した顔)]
作業をしたのが日曜日でしたので、その週は諦めて次週に持ち越すことに・・・。1週間再度ネット検索したりと悩んで過ごしていたのですが、前の土曜日に車のダッシュボードを外してメーター球を交換した時の事を思い出し、「そうだ[exclamation]あの時使ったリムーバーを使ってみれば・・・」と気づきまして、一週間後に再挑戦です。



201705003.jpg
リムーバーって、こうゆう工具ですね[グッド(上向き矢印)]
タンク側にウエスを当てて傷が付かないようにして、リムーバーをサイドカバーの隙間に差し込んで、チャックを探りながら注意してリムーバーを差し込んでいきます。
201705001.jpg
201705002.jpg
こんな風になっているんですね~。左右のサイドカバーを取り外せれば、あとはシート前方下側にある左右のネジを外せばシートを取り外す事が出来ます。
201705004.jpg
シート下はこんな感じになってます。

チャック位置は画像を参考にしていただいて、ガソリンタンクと工具の間にウエスなどを挟みながら、ゆっくり作業すれば誰にでも取り外せます。
  

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

スタート [GSX-R600]



10年振りにソネットブログを使ってみることにしました。
以前は、投稿中に固まって、折角書いたのに全てがパァに・・・なんて事がよく起こって、それが嫌になってソネットブログを使うのを辞めたのですが、あれから10年が過ぎ少しは安定したかなってのもあり、その他諸事情もありで出戻りです。

正直ブログなんて時代遅れ? と申しますか、世間様に向けて自分の日々の行いを報告しているのだろうと疑問に思う今日この頃・・・。
特に昨今、ブログはfacebookやInstagramにとって代わられているように感じています。

2017年4月にGSX-R600を新車で購入
(正確には乗り換えです。過去のバイクの事は、前のブログに置いてきました。)
L6.jpg
スズキのバイクに乗るのは30年振りくらいなので、よく判っていませんがおそらく「L6」って呼ばれる型式の車体になるんだと思います。(なぜなら取説の裏に「L6」って書いてありますから。)

2017年4月末日に納車、新車なんて十何年振りでしょうか、キーオンでオドメーターは1㎞でしたが、嬉しそうに写真を撮るのも・・・って思い暫く走ってから記念撮影
gsx-r6-7.jpg
ちょうど7㎞ ラッキーセブンですね。

gsx-r6-0502-1.jpg
購入時なら工賃無料だったので、取付が面倒くさそうな、スライダーやフェンダーレス、ETCなどを取り付けてもらいました。
自分で取り付け出来そうなパーツは、ネット通販などで安く入手して、取り付けようかと思っていたのですが、意外とGSX-R600に関する記事(ブログ)って少ないんですよね。逆輸入車しかないから?
それともただ単に売れていないから? ってのもあるだろうが、やはり個人ブログってのが減少しているのも一因だろうと私は思います。
以前なら、自分のバイクにこのパーツが取り付けられるだとかの情報は、ネットで調べるといろんな方のブログがひっかかったものなのですが、GSX-R600(L6)ってなかなか情報が見つからないんですよね・・・。

と言うことも有り、自分への備忘記録の為や今後GSX-R600を購入される方への情報提供も兼ねて、ちょこちょことブログを綴っていこうかと思ってます。
よって、何処に行ったとか何をしたって事よりも、このパーツを付けたとか付いたって内容が主になると思うのと共に、更新頻度もまぁそれなりになるかもです。(そうしょっちゅうパーツを取り付ける訳ではないので・・・) 
ただ私の書いた情報が、何処かの誰かのお役に立つことを願って・・・。
  




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

-|2017年05月 |2017年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。