So-net無料ブログ作成

RAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U [GSX-R600]

GSX-R600にRAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U を取り付けました。
数年前に乗っていたバイクにナビを取り付けるために、ラムマウントを使用したことがあり、その時のパーツがどこかに残っているはず? なのと、比較的価格が安いのが選択理由です。
ただ、まだ〇〇を取り付ける等の目的はありません。とりあえずベースを取り付けておけば、思い立った時に直ぐに使用出来るからです。
今回も最安値と思われるAmazonで購入です。
ramステー1.jpg
届いた物をみるとプロト取扱いのラムマウントの様ですね。

さぁ作業開始です。
先ずは、ゴムで出来た円錐形の棒の様な物を袋からとりだして、
ramステー2.jpg

こんな風にステムホールにギュッと差し込みます。
ramステー4.jpg
これ以上もう入らないという所まで差し込んで、ボールペン等でクルッと一周なぞって印をつけます。
ramステー5.jpg
画像ではボールペンの跡が見えづらいですが、肉眼では黒ボールペンの跡でもハッキリ見て取れます。
その印を目印に切断し、そこから1インチしたの所も切断して、三分割にします。
ramステー9.jpg
使用するのは真ん中のゴム棒です。(この時点で両側の物はゴミと化します。)
この真ん中のゴムを切り出す時の注意点としては、余裕をみて少し長めに切断したい気持ちは分かりますが、後に使用するボルトの長さが足りなくなるので、少し短めに切断しても全く問題ありません。

数年前にもRAMマウントを購入した事があるので、私は驚きもしませんでしたが、
サインハウス等のマウントシステムと比較すると製品の質感はかなり落ちます。


価格的にも倍ほど違いますから仕様がないと割り切れるかどうかですね。
ramステー6.jpg
丸いボールの下側(矢印の所)をご覧下さい。 塗装し忘れなのか、はじめからこういう仕様なのか・・・?
ちょっとみすぼらしい感じですよね。
ramステー7.jpg
手元にあったタッチアップ塗料でヌリヌリしてあげました。
ramステー8.jpg
塗料が乾くのを待って、説明書に従って下の写真の様に組み付けます。
ramステー10.jpg

この状態でステムホールに挿入しボルトを締め込んで行きます。
ramステー11.jpg
ボルトが空回りしている感がありますが、懲りずにボルトを回して回してしていると徐々に締まっていきます。
ボルトが締まることによって、ステム内に挿入したゴムの棒が膨張して抜けなくなるという構造ですね。
ramステー12.jpg
以上で取り付け完了です。
さて何を取り付けるかな・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォークステムベース(RAM-B-342U) RAM MOUNTS(ラムマウント)
価格:1806円(税込、送料別) (2017/5/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準アーム(RAM-B-201U) RAM MOUNTS(ラムマウント)
価格:1539円(税込、送料別) (2017/5/29時点)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0